海鮮バーベキュー おすすめ お取り寄せ 通販サイト

海鮮バーキューでオススメのお取り寄せサイトをピックアップしました。ランキングとして紹介していますが、一位のサイトがあなたにオススメと言うわけではありません。
「取り入れたみんなの意見や雰囲気」「集まる予定の男女比」などなど、バーベキューのスタイルは様々です。海のような屋外であれば牡蠣のカンカン焼きなんて珍しいものも盛り上がりそうですし、森の中でカニや魚系というのも特別感が沸きそうですよね?
なので、ランキングではありますが、一通り確認して幹事さんが開催したい物、みんなのイメージにぴったりなものを選んでみてください。
ちなみにランキングの順位は、創業年数や知名度、専門度などから初めてネットでお取り寄せする方でも安心の通販サイトやお取り寄せ先などを基準に厳選しています♪

 

「海鮮」ものは、天候や不漁などで、量や価格が変動しやすいので記載している内容や料金は参考として見て、詳細は公式サイト確認をお願いします。

 

かにまみれ「6人前満足海鮮セット」

豪華なカニの入ったセット!小規模な会や大人の宅のみなどにも
北海道の味をお取り寄せできるサイト「かにまみれ」で販売されている海鮮バーベキューセットです。
親睦会や仲間内での小規模のバーベキューにも向いた内容で種類は少ないですが量はしっかりしています。ホタテや海老といった鉄板メニューに加えて、カニポーションがあるので、インパクトもばっちり♪。※ポーション(足をはずした時にでてくる肉の部分)
内容は4名から6名で、カット作業などが必要なくそのまま焼いて楽しめます

 

参考内容(3種類)

  • ホタテ片貝:6枚入り
  • ボタンエビ:9〜10尾入り
  • ズワイポーション:500g
BBQセットの参考価格 一人当たりは? お取り寄せサイト
13,240円(6人前) 約2.212円から

※6人で開催する場合

http://www.kanimamire.com/shopdetail/000000000172/

マルゲン後藤水産「スペシャルよくばりBBQセット」

若い男性や子供の参加がありなBBQなら!
北海道旭川市の水産会社のお取り寄せサイトで販売されているバーベキューセットです。
年齢層の幅が広い歓迎会や交流会などの大き目のイベントにも向いている内容です。肉と魚のセットなので、味のバラエティも豊富で飽きにくさを演出したい時にもオススメです。
お取り寄せサイトでは、よりお手ごろな「よくばりBBQセット(計6種類)5,555円」も販売されているので、催しの規模に応じて選べます。

 

参考内容(9種類)

  • 牛カルビ:約500g前後(タレ込み)
  • 牛ハラミ:約500g前後(タレ込み)
  • 豚とろ:約500g前後(タレ込み)
  • 豚サガリ:約500g前後(タレ込み)
  • 焼き鳥用とり串:50本
  • 豚タンスライス:約500g前後
  • 片貝付きほたて:10枚入
  • 真ホッケ開き干し:2枚(1枚:約250〜300g前後)
  • いか一夜干し:2枚

 

BBQセットの参考価格 一人当たりは? お取り寄せサイト
8,888円(推定9名から15名以上?) 約992円から

※9名で開催する場合

http://www.marugen5.com/shopdetail/000000001132/ct39/page1/order/#quick2

マルゲン後藤水産ののセットは人数の記載が無いので推定計算しています。一般的な焼肉店の一人分は平均90グラムから100グラムなので、そこからセットの総重量のおおよそから計算しています。

 

寿商店「海鮮バーベキューセット3〜4人前」

飲みたい人が多いBBQにオススメ!
名古屋市内の飲食店やホテルなどに卸している魚屋さんが販売しているバーベキューセットです。
中間業者を通さず、自店からお客さんの下へ直接届けるためやすく提供することに成功しているお店で、リーズナブルな価格となっています。
セットの内容は凍ったままでも焼けるので解凍の手間がありません。ビールのお供にぴったりない「真イカの一夜干し」や「ほっけの干物」「子持ちシシャモ」が入っているのが特徴で、会社の納涼祭にもぴったりな内容。キャンプ場で開催する場合も、宅急便の受け取り体制のあるキャンプ場なら、直接配送も可能です。

 

参考内容(7種類)

  • 大あさり:4枚
  • サザエ:4個
  • 殻付きホタテ:4枚
  • 有頭エビ:4尾
  • 子持ちししゃも:1パック
  • 真イカの一夜干し:1尾
  • ほっけの干物:1枚
BBQセットの参考価格 一人当たりは? お取り寄せサイト
3,219 円(約3名から4名) 804円

※4人で開催する場合

https://item.rakuten.co.jp/sakanaya/kaisen-set/

有限会社まんぷくカンパニ「海鮮バーベキューセット 5人前」

食べ応えも抜群の内容!マグロあり
有限会社まんぷくカンパニが販売するバーベキューセットは、肉厚のマグロステーキが特徴のセットです。
海老や牡蠣ときった定番メニューだけでないので、飽きないBBQを楽しめるでしょう。もし予算に余裕があれば、1位のかにまみれのサイトでカニを購入すれば「カニとマグロ」でガチの海鮮バーベキューも楽しむことも。

 

参考内容(5品)

  • インドネシア産超特大天然有頭海老:5匹
  • 北海道産ホタテ貝(12cm〜13cm):5枚
  • マグロステーキ(90g前後):5枚
  • 青森産真イカ:2枚
  • 長崎産のカキ:10個

 

BBQセットの参考価格 一人当たりは? お取り寄せサイト
7,980円(5人前) 約1,596円から

※5人で開催した場合

https://item.rakuten.co.jp/manpuku8929/kaisen-set-002/

マルカ水産「たっぷり海の幸を堪能! アワビ付海鮮BBQセット」

貝好き必見!貝の詰め合わせセット
マルカ水産から販売されている貝類のバーベキューセットです。ひとつのセットで推定4人分で、ほかのバーベキューの食材とあわせたりするのもにも向いています。
貝の詰め合わせなので、母の日や父の日に送る人も多いセットでアワビは酒の肴にもうってつけ!。貝と合わせて伊勢海老の入ったバーベキューセットも販売されているので、BBQに集まる人を驚かせたい幹事さんは是非サイトを確認してみて下さい!

 

参考内容(3種類)

  • アワビ80g:4個
  • 活サザエ:4個
  • 大アサリ:4個
  • 特製タレ
BBQセットの参考価格 一人当たりは? お取り寄せサイト
5,200円(推定3名から4名) 1,300円から

4名で開催する場合

https://item.rakuten.co.jp/isemaruka/bbq-14-04/?scid=af_pc_link_img&sc2id=af_101_0_0

 

牡蠣小屋を再現!?「カンカン焼きセット」

お煎餅の入った缶や一斗缶みたいな四角い缶に牡蠣を入れて水や酒で蒸し焼きにする「カンカン焼き」のセットも販売されています。
屋外でみんなで調理している間や、子供が遊んでいる間に調理を進めているついでに焼いて置くなど、バーベキューのアクセントにもできます。

 

https://item.rakuten.co.jp/isesimatokusan/kankan02/#kankan02

 

 

 

 

 

海鮮バーベキューで「あったらいいもの」「必要なもの」は?

夏の海や山でやるバーベキューなら日焼け止めや、日陰が無ければ日除けシートや椅子、ビニールシート、虫除けアイテムなどは必須でしょう。もし夕方以降に花火を見ながら駐車場で開催する場合も椅子があると便利です。どちらの場合も近くにトイレが無ければ簡易トイレが必要な可能性もあるなど、春の花見や秋の行楽イベントなど開催する時期や場所によって必要なものは変化します。

 

必要なもの

  • 紙コップ
  • 紙皿
  • 割り箸
  • ウェットティッシュ
  • トイレットペーパー
  • ゴミを入れる袋・分ける袋など

 

これらは最終的にはゴミとして処分できて、量もそこまで圧迫しないので多めに持ってきても便利です。また大抵の百円ショップでも入手できるので費用の圧迫も少ないです。
ゴミ袋は地域指定やキャンプ場指定の可能性もあるので注意が必要です。
子供が参加する場合はウェットティッシュに合わせて雑巾もあるともしもに備えられます。また、ティッシュよりトイレットペーパーの方が利便性が高いので、ティッシュとトレぺのどちらにしようか悩む場合は両方かトレぺの方がオススメです。

 

あったら便利かもしれないもの

 

  • 調味料
  • 簡易トイレ
  • 椅子
  • ブルーシート
  • 日除けシート
  • 虫除け
  • アルミホイルなど

簡易トイレや椅子、ブルーシートなどは場所によってはあったら便利なものです。トイレが無い場所や日陰の無い場所、駐車場など遮蔽物が少ないと夕方の西日が強い場所も考えられるでしょう。普段出入りしない屋上で開催するなら鳥糞がほぼ確実にあるので、椅子が必要です。

 

食材の味に変化を加える意味でアルミホイルで蒸し焼きという方法もあります。調味料に塩や胡椒、マヨネーズなどもあると最後に残った食材の加工や失敗した食材のリカバリーに期待できます。
また子供がいるなら花火があると盛り上がるかもしれません。

 

バーベキューコンロを用意するか、現地で借りるのかでも用意するかでも内容が変わるので、開催する場所で必要なものを一度書き出してサブ幹事がいればよく相談したり、定期イベントなら前幹事さんと相談しながら入念に準備を行いたい所です。

一人当たりの量や費用はどのくらいなの?

一人当たりの量は200グラムから300グラムが目安です。
想像しやすいご飯なら、お茶碗一杯分で「約150グラム」、大盛りだと200グラムぐらいらです。
ごはんを二杯もお変わりするのはちょっときついと感じると思います。なので、一人当たりはだいたい200グラムから300グラムとなります。

 

みんなで話が盛り上がりながら食べると意外と食べない事や、ビールを飲みながらだと余り入らないこともあります。